お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

ES細胞

ES細胞の心筋細胞を効率よく取り出す技術

東京大学の浅島誠教授は、産業技術総合研究所、国立国際医療センターと共同で、培養したマウスの胚性幹(ES)細胞から心筋細胞を効率よく取り出す技術を開発した。2種類のたんぱく質を手がかりに分離する。再生医療による心臓病治療に将来応用できると期待している。
 
マウスES細胞を培養液で約6日間培養すると様々な細胞に成長するが、そこで未熟な心筋細胞に特徴的に発現する2種類のたんぱく質を持つ細胞だけを分離する。さらに3―4日培養したところ、約20%が成熟した心筋細胞になった。分離しないまま培養すると心筋細胞は約2%しかできない。
(東大など、ES細胞の心筋細胞を効率よく取り出す技術)


ES(Embryonic Stem cells)細胞とは、胚性幹細胞といいます。
ES細胞は、動物の発生初期段階である胚盤胞の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株を指します。生体外にて、理論上すべての組織に分化する全能性を保ちつつほぼ無限に増殖させる事ができるため、再生医療への応用に注目されています。

ES細胞は、遺伝子に様々な操作が可能であり、更にそれを胚に戻すことで、生殖細胞を含む個体に参加させることができます。このことを利用して、特定遺伝子を組み換えできたり、意図的に破壊してノックアウトマウスを作ったり出来ます。特に、遺伝子を自在に導入したりすることができるので、マウスなどの実験では、すでに広く利用されているそうです。今後、難病治療や再生医療に期待されている分野の研究です。上記の技術により、研究を重ねていくことに確実に寄与することが考えられます。

すでに、イギリスのMagdi Yacoub博士率いる医療研究チームが、たった1つの幹細胞から、人間の心臓の組織を造り出すのに成功しています。さらに、「3年以内には人間の幹細胞から造った心臓の組織を、人間に移植する手術が可能になる」とのことなので、そう遠くない未来に実現するのかもしれません。

【関連記事】
1つの幹細胞から心臓を造り出す技術開発に成功−イギリス

再生医療とは(切断した中指の再生)

ES細胞:ブッシュ米大統領、2度目の拒否権

ES細胞:ブッシュ米大統領、2度目の拒否権

ブッシュ米大統領は20日、米国社会で論争になっている胚性幹細胞(ES細胞)研究に対する連邦予算の支出制限を緩和する法案に拒否権を行使した。同様の法案への拒否権行使は2度目。生命破壊につながると批判するブッシュ政権と、難病治療への応用を期待する米議会が「生命倫理」か「生命科学」かを巡り再び激突した。議会側は実現に望みをつなぐが、大統領の拒否権再発動でブッシュ政権下での法制化は難しい情勢になった。

法案は、不妊治療で廃棄される予定の受精卵から取り出したES細胞を使用した研究に連邦資金の支出を認める内容。体外受精された複数の受精卵(ヒト胚)のうち、妊娠に成功した受精卵を除く「余剰胚」を難病治療に活用するのが狙い。

ブッシュ大統領が法案を問題視するのは、余剰の受精卵とはいえ、細胞分裂を開始した生命体を「意図的に破壊する」ことになるとみているためだ。大統領は同日の演説で「人間の命を救うために他の命を破壊するのは倫理的ではない」と強調、「成人の皮膚組織の細胞をES細胞と同じように機能させる研究の成果が出ている」と述べた。大統領は受精卵を破壊する必要のない研究を促進させる大統領令を出した。

民主党のディゲット下院議員は「大統領は多くの患者や家族の希望を拒否した」と批判した。法案支持派は大統領が推進を主張する新規研究について「これらの研究は始まったばかりで、ES細胞研究の代替にはならない」と反論している。
(ES細胞:ブッシュ米大統領、2度目の拒否権 研究への予算支出で)


ES(Embryonic Stem cells)細胞とは、胚性幹細胞といいます。
ES細胞は、動物の発生初期段階である胚盤胞の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株を指します。生体外にて、理論上すべての組織に分化する全能性を保ちつつほぼ無限に増殖させる事ができるため、再生医療への応用に注目されています。

ES細胞は、遺伝子に様々な操作が可能であり、更にそれを胚に戻すことで、生殖細胞を含む個体に参加させることができます。このことを利用して、特定遺伝子を組み換えできたり、意図的に破壊してノックアウトマウスを作ったり出来ます。特に、遺伝子を自在に導入したりすることができるので、マウスなどの実験では、すでに広く利用されているそうです。

しかし、ES細胞を利用するには、受精卵ないし受精卵より発生が進んだ胚盤胞までの段階の初期胚が必要となります。ヒトの場合には不妊治療の際に採取される受精卵が材料となりうるため、ブッシュ大統領が反対しているように、倫理的な問題もはらんでいます。

ですが、難病の研究などや遺伝子治療、再生治療など、今後の医療を担う大事な研究のためには、ES細胞が必要となっているのもまた事実であると思われます。法案が現実化することが望まれます。

【関連記事】
1つの幹細胞から心臓を造り出す技術開発に成功

切断した中指の再生

1つの幹細胞から心臓を造り出す技術開発に成功−イギリス

イギリスのMagdi Yacoub博士率いる医療研究チームが、たった1つの幹細胞から、人間の心臓の組織を造り出すのに成功した。これによって、心臓移植の際のドナー不足の問題も解決しそうだと地元の新聞各紙は伝えている。

The Guardian紙は、今年の終わり頃にも動物を使った同様の移植実験を成功させることができれば、3年以内には人間の幹細胞から造った心臓の組織を、人間に移植する手術が可能になるだろうと伝えている。

Yacoub博士は、数十年間に渡って移植用の心臓不足の解消に尽力してきたが、博士は、「この研究によって心臓移植の可能性は無限に広がることになるでしょう。この研究は非常に困難な研究ですが、非常に大望のある研究ですね。積み重ねた実験によって、心臓移植の困難な状況を打ち破る日は近づいたと実感しています。想像以上に早い段階で、幹細胞からの心臓移植が可能になる日がやってきても私は驚きませんね」と語る。
(引用:たった1個の細胞から人間の心臓を造り出す技術の開発に成功〜イギリス )


この技術さえ開発、臨床応用されれば、ドナー不足や移植後の拒絶反応に関する問題が解消されるでしょう。しかも、記事によれば「3年以内には人間の幹細胞から造った心臓の組織を、人間に移植する手術が可能になる」とのことなので、そう遠くない未来に実現するのかもしれません。

さらに、他臓器に関してもこの技術が適応可能となれば、現在、論議を呼んでいる病気腎の問題すらすでに過去のものとなることさえあり得るでしょう。

再生医療は、倫理的な問題との兼ね合いから、研究に大きな支障があると思われていましたが、こうした先進的で大いなる患者さんへの利益をもたらすような結果もでつつあるようです。

ちなみに、再生医学とは、人体の組織で、胎児期にしか形成されず、その組織が欠損した場合(たとえば四肢切断など)、再度生えてくることのない組織の機能回復の方法を研究する新しい医学の分野です。

また、心筋梗塞の後のようなケースでも、心筋が壊死して再生しない上、そこに至る栄養血管も狭窄または閉塞して機能不全になってしまう。クローン動物作製、臓器培養、多能性幹細胞(ES細胞)の利用、自己組織誘導の研究等などがあります。

幹細胞は、
1)胚性幹細胞(ES細胞)
受精卵からつくられる胚性幹細胞(ES細胞)は全ての種類の細胞に分化する事ができる(全能性)
2)成体幹細胞(組織幹細胞、体性幹細胞)
生体内の各組織にも成体幹細胞(組織幹細胞、体性幹細胞)と呼ばれる種々の幹細胞があり、通常は分化することができる細胞の種類が限定されている。
と分かれている。

例えば、骨髄中の造血幹細胞は血球のもととなり、神経幹細胞は神経細胞へと分化する。このほかにも、肝臓をつくる肝幹細胞、皮膚組織になる皮膚幹細胞、また生殖細胞をつくり出す生殖幹細胞などさまざまな種類がある。

今回の場合は、文意からすると胚性幹細胞(ES細胞)を指しているようです(幹細胞というのは、あらゆる組織に変化することができる「万能の細胞」なのである、とあるため)。

何はともあれ、医学界には非常に明るく輝かしい未来を見せてくれるニュースでした。

【関連記事】
再生医療とは(切断した中指の再生)
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧